Web制作

宣伝に使える会社紹介の動画とは|ビジネスお役立ちガイド

差別化を図る

テレマーケティングのこれまでの歴史とは

パソコン

テレマーケティングとは、コールセンターへの問い合わせ電話を利用して、商品やサービスを提供するものです。顧客自身も気づいていない潜在需要を掘り起こすのが目的となるものです。これまでは企業のコールセンターにおいて教育を行い、電話を受けながら要望などを捉えることになります。 最近ではその教育のためのコストがかかることや、新たな人材の雇用の負担がかかることから、外部委託に切り替える企業が増えています。電話代行サービスを利用することになりますが、自前でテレマーケティングを行うよりも高い費用対効果を得ることができるわけです。業務効率化のために、多くの企業は代行サービスにおいてテレマーケティングを行うようになっています。

今後の動向として予測されること

テレマーケティングはこれからも効果的なものとして利用されると見られています。けれども、そのための技能は高いものが要求されることになります。そのために、これからさらに代行サービスによって営業活動へとつなげる流れが加速すると見られています。 電話代行サービスにおいては、その技量によって効果の異なるテレマーケティングの教育をさらに行うようになると予測されています。数多くある営業活動の中でも、顧客が本来欲している要望を拾うことによって、確実に利益につなげることができるものとなります。そのために、多くの企業がその活用を目指しているわけです。電話代行サービスは数が増えているのとによって、テレマーケティングに力を入れて差別化を図るものとみられています。